FC2ブログ

あきらのタグ記事一覧

美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。

タグ:あきら

あきらのタグが付いた記事一覧。美少女文庫のレビュー以外にもパラダイムノベルスや2次元ドリーム文庫なども扱っています。 興味のある1冊が見つかれば、幸いです。
no-image

2013-02-13Gーtype novels
G-type NOVELS 下級生2 七瀬 SECRET TRACK下級生2 七瀬SECRET TRACKposted with amazlet at 13.02.13森野 一角 コアマガジン Amazon.co.jpで詳細を見る*中古のみPCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公は、破天荒な行動を取る事でも知られている学園の問題児として有名です。そんな主人公ですが、苦手なタイプの相手がいます。それは、学園の自治会執行部の副会長でもある「高遠 七瀬」(たかとう ななせ)でした。しかし、...

記事を読む

2011-08-08Gーtype novels
G-type NOVELS KYRIEKYRIE (G-typeノベルズ)posted with amazlet at 11.08.08森野 一角 コアマガジン Amazon.co.jp で詳細を見る*中古のみです。PCゲームが原作のノベライズ作品です。主人公は、銀色の髪に銀色の瞳を持つ事から「銀狼」の二つ名を持つ軍人です。記憶がなく、ただ淡々と任務をこなすだけの日々であった主人公ですが、命令で天女の都「イシュチェル」に向かう事に。夢の都と称されるイシュチェルは今まで過ごして...

記事を読む

no-image

2010-11-23美少女文庫 「た行」
えすかれ美少女文庫 ツンマゾ!!!! 姉妹でドレイ志願ツンマゾ!!!! 姉妹でドレイ志願 (美少女文庫えすかれ)posted with amazlet at 10.11.23葉原 鉄 フランス書院 Amazon.co.jp で詳細を見るいつも暴力ばかりの幼なじみ・麗理と毒舌ロリッ娘・愛理。まさか隣の水戸姉妹がツンマゾだったなんて!ボテ腹になっても姉妹ゲンカは終わらない。11月発売の美少女文庫の新刊です。読み終わったので、早速レビューです。人気ツンマゾシリー...

記事を読む

no-image

2010-07-09二次元ゲームノベルズ
二次元ゲームノベルズ ノストラダムスに聞いてみろ 秋葉穂ノ香の約束ノストラダムスに聞いてみろ♪ 秋葉穂ノ香の約束 (二次元ゲームノベルズ 27)posted with amazlet at 10.07.09神楽陽子 キルタイムコミュニケーション 売り上げランキング: 442830おすすめ度の平均: 正直、本編より好きな絵柄Amazon.co.jp で詳細を見る自らを予言書と名乗る少女との同居生活をきっかけに、ドタバタな日々を送る筑波那岐。そんなある日、慌ただ...

記事を読む

no-image

2010-06-27美少女文庫 「た行」
えすかれ美少女文庫 ツンマゾ!!! M姫様の戴冠ツンマゾ!!! M姫様の戴冠 (美少女文庫えすかれ)posted with amazlet at 10.06.26葉原 鉄 フランス書院 おすすめ度の平均: 国の運命をかけてAmazon.co.jp で詳細を見るわたしを次期王女・ミナミと知っての誘拐ですか!初恋の人からレイプだなんて最高すぎ。最凶のツンマゾ姫を女王にするため、仕組まれた拉致監禁!ギロチンよりも素敵な調教で姫のドM魂を大更正!ハメ撮り脅迫。ぶっ...

記事を読む

no-image

2010-03-22美少女文庫 「た行」
えすかれ美少女文庫 ツンマゾ!! 武闘派生徒会長だってMツンマゾ!! 武闘派生徒会長だってM (美少女文庫えすかれ)posted with amazlet at 10.03.22葉原 鉄 フランス書院 売り上げランキング: 234Amazon.co.jp で詳細を見るはっきり言っておくぞ!(ツンツン)不良も恐れる憲兵生徒会長・羽黒ユウが、初体験から失神絶頂を極めたぐらいで、M奴隷になると思ったら、大間違いだ!(キリッ)フェラをしながら、もぉ幸せぇだなんて感じていない...

記事を読む

no-image

2009-11-18美少女文庫 「は行」
美少女文庫 姫宮三姉妹が看護してあげる姫宮三姉妹が看護してあげる価格 700円 税込 レビュー( 0件 )同級生の深雪、看護婦の朱美さん、天才女医・聖美姉さん―入院生活で待っていたのは、三姉妹のご奉仕競争。強精実験でセクシー女医に連続射精!発情媚薬で白衣の美天使を幸せ絶頂!今夜の看護はWフェラチオ?Wパイズリ?お尻を並べてみんなと××?どんな願いも三姉妹が叶えてくれる。 タイトルから分かるように病院を舞台にした...

記事を読む

no-image

2009-11-09美少女文庫 「さ行」
美少女文庫 戦国・恋姫 レビュー戦国恋姫 (美少女文庫)posted with amazlet at 09.11.09七海 ユウリ フランス書院 売り上げランキング: 192644おすすめ度の平均: となプリ→騎士プリ→武者プリ? 500年前から時間移動してきた戦姫と恋仲にAmazon.co.jp で詳細を見る妖狐・玉藻を追って戦国時代からタイムスリップしてきた鎧のお姫様・小田峰壬琴。いきなり斬りかかられ(!)最悪の出逢いだったけど…真面目で凛々しい壬琴に心はど...

記事を読む

no-image

2009-09-18美少女文庫 「た行」
えすかれ美少女文庫 ツンマゾ! ツンなお嬢様は、実はMツンマゾ!―ツンなお嬢様は、実はM (えすかれ美少女文庫)posted with amazlet at 10.03.22葉原 鉄 フランス書院 売り上げランキング: 7566おすすめ度の平均: 無茶苦茶な話のくせにラブコメ? ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ Sは暴力も肯定する? ドMなお嬢様に無理やり「ご主人様」に選ばれてたっぷり調教することを強要されるお話Amazon.co.jp で詳細を見る私の秘密を知ったからにはわかって...

記事を読む

no-image

2009-09-16美少女文庫 「た行」
美少女文庫 テニス部プリンセス  わがままな恋ドレイテニス部プリンセス―わがままな恋ドレイ (美少女文庫)posted with amazlet at 09.10.06わかつき ひかる あきら フランス書院 売り上げランキング: 151434おすすめ度の平均: テニプリというよりは 要するに「テニスの王女様」?Amazon.co.jp で詳細を見る今夜はキミがご主人様なんだからね。テニスウエアに包まれた巨乳を揺らし、お嬢様が捧げてくれる、騎乗位奉仕!昼間は下...

記事を読む

no-image

2009-09-14美少女文庫 「か行」
美少女文庫 銀盤プリンセス  生意気なMドレイ銀盤プリンセス―生意気なMドレイ (美少女文庫)posted with amazlet at 09.10.06わかつき ひかる あきら フランス書院 おすすめ度の平均: 好みが分かれる作者 純愛調教?Amazon.co.jp で詳細を見る「私が上になるわ、じっとしててね?」処女なのに、恥ずかしがりながらも、怖がりながらも、学園のプリンセス・理沙先輩が僕のペニスにまたがろうとしてくれる!「痛い…雅人クン、やっぱ...

記事を読む

G-type NOVELS 下級生2 七瀬 SECRET TRACK レビュー

G-type NOVELS 下級生2 七瀬 SECRET TRACK

下級生2 七瀬SECRET TRACK
森野 一角
コアマガジン

*中古のみ

PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、破天荒な行動を取る事でも知られている学園の問題児として有名です。
そんな主人公ですが、苦手なタイプの相手がいます。
それは、学園の自治会執行部の副会長でもある「高遠 七瀬」(たかとう ななせ)でした。
しかし、この日はいつもと少し違い、何故かなりゆきで主人公は彼女と一緒に暮らす事になってしまうと言う展開です。

登場ヒロイン


七瀬の他に登場するヒロインは…

柴門 たまき」(さいもん)
平沢 博子」(ひらさわ ひろこ)
堀出 実果」(ほりいで みか)がいます。

七瀬は、主人公の学園の自治会執行部の副会長です。
生真面目で正義感が強く、風紀を乱す主人公を敵視しており、事あるごとに衝突しています。
ある事がきっかけで主人公の住まいに一緒に住む事になります。

たまきは、主人公の幼なじみです。
主人公の事は、長い付き合いで良く理解しており、世話を焼いてきます。
明るく世話好きな性格をしています。

博子は、主人公たちの一つ下の後輩です。
発明、研究好きな少女であり、現在ロボット開発に力を入れています。
主人公の運動能力の高さから、彼にデータ取りを頼んできます。
基本、無表情で冷静な性格であり、最低限の事しか話さない所があります。

実果は、プロを夢見ているストリートミュージシャンです。
主人公と出会い、以来主人公を慕っています。
自分の事を「オレ」と呼び、語尾が「ッス」という気さくでボーイッシュなキャラクターの持ち主です。


ストーリー展開


展開的には、主人公はある事がきっかけで七瀬を自分の家に匿う事になる流れですね。

そもそも、何故そんな事になったのかと言うと、主人公が雨の中ひとり佇む七瀬を目撃した事がきっかけとなっています。
いくらあまり関係がよろしくない相手だとは言え、女性がひとり雨の中で傘も差さずにずぶ濡れになっている様をほっとけない訳ですね。
更に、彼女が家を出てきたなんて言った事で、猶更放っては置けなくなった主人公は、とりあえず主人公の家に連れていったという事なんですね。

しかし、とりあえず一晩だけのつもりでしたが、七瀬の置かれている状況を知った事で、しばらくの間住まわせる事になります。

こうして苦手とする相手である七瀬と、共同生活をする事になった訳ですが、当然彼女との共同生活は学園側に知られる訳にはいかず、秘密にしなければなりません。
まぁ、即幼なじみのたまきには、事情を説明せざるを得なくなりましたが、面倒見の良い彼女なだけに協力してくれる事になりますけどね。

そんな七瀬との共同生活を送る主人公は、ある感情の変化が見られる様になっていきます。
それは彼女の事を異性として意識してしまう様になった事。

何とも七瀬に失礼な話ですけども、それまでの主人公は彼女の事を異性とは認識していなかった様ですね(汗)
主人公の行動に口煩く干渉してきた相手で面倒な奴みたいな印象が強くて、異性って事が見えなかったと。
しかし、一緒に生活をする様になって、彼女と話す機会が当然増え、それまでの厳しい表情だけではなく、柔らかい笑みなどの今まで知らなかった素顔を見ていく事で、一気に彼女の事を意識してしまう様になった訳ですね。

そんな中、ふたりの関係に大きな変化が生じる出来事が起きる事になり、ふたりの関係は一気に進展する事になります。
ここからの主人公ならびに七瀬の変化はかなり印象深いものがありましたねぇ。
ふたりの感情の変化が描写されており、読んでてニヤニヤしますね♪

Hシーン


Hシーンは、七瀬との行為が描かれています。

行為的には、フェラ、パイズリ、アナルセックスなどがあります。
他では、ローターなどの小道具を使用した行為もありますが、ごく一部ですね。

やはり七瀬のキャラクターが良いですね、ツンデレとはまたニュアンスが違うんですけども、好きになった相手には尽くす感じがあって♪
また冷静で落ち着いた印象のある彼女ですけども、実は結構顔に出る所があるんですよね。
そんな彼女の素が垣間見えるとニヤニヤしちゃいますね、主人公の事を言われて真っ赤になったりと顔に出るのが可愛いですね♪

考えれば主人公は、それまで怒っている七瀬しか、ある意味知らなかった訳ですから、そんな表情などされてはギャップにイチコロなのも分からなくはないですな(汗)

コスチュームの要素では、彼女のバイトの制服や浴衣での行為もありますね♪

挿絵


挿絵は、原作版の画像ではなく、オリジナルのイラストになっています。
ちょっと意外だったのは、原作版の原画を手掛けた「門井亜矢」さんではなく、「あきら」さんによるイラストなんですね。
私は良く知らないですけども、元々何か関わってたのかな?

あきらさんの絵柄のキャラクターの内面も描いた、繊細さが七瀬のキャラクターにはよく合っていると思いますね。
七瀬の様な気がちょっと強くて、素直になれない様なヒロインは原作版よりもハマっているかもしれませんね。

逆にちょっとしか挿絵にはないですが、実果はちょっと雰囲気が違うかな(汗)
ちょっとボーイッシュってよりも少女っぽさが強かった気がしますね。

ちなみに私は、門井亜矢さんの絵柄は1作目の下級生の方が好みですね(汗)
何か今作の2は、可愛らしいのだけども、随分さっぱりした感じになっている気がしてねぇ…。
そのせいか、七瀬みたいなキャラはあきらさんの絵の方が雰囲気があると感じるのかな?

挿絵数:18枚

総評


全体的には、七瀬をメインヒロインにしつつも、たまきとの関係性など見所の多い展開だったかな。
まぁ、割とベタなストーリー展開だったりでインパクトはさほどないかもしれませんが、その分しっかりと描いているので読んでて感情移入はしやすかったですね。

原作版は分かりませんが、登場ヒロインも絞られていて、その分少し絡みもあったのは良かったですね。
個人的には、実果も結構お気に入りですね、嫌味がなくていいキャラですね。

七瀬好きには楽しめるのではないでしょうか。

原作PC版
下級生 2
下級生 2
posted with amazlet at 13.02.13
エルフ (2004-08-27)


ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ

G-type NOVELS KYRIE レビュー

G-type NOVELS KYRIE

KYRIE (G-typeノベルズ)
KYRIE (G-typeノベルズ)
posted with amazlet at 11.08.08
森野 一角
コアマガジン

*中古のみです。

PCゲームが原作のノベライズ作品です。

主人公は、銀色の髪に銀色の瞳を持つ事から「銀狼」の二つ名を持つ軍人です。
記憶がなく、ただ淡々と任務をこなすだけの日々であった主人公ですが、命令で天女の都「イシュチェル」に向かう事に。
夢の都と称されるイシュチェルは今まで過ごしていた戦場とは無縁の平和な土地であり、自分の居場所ではないと思う中で、告げられた内容は「2人の姫を犯す」という物で…という展開です。

登場するヒロインは、主人公が告げられた2人の姫である「シンシア・バーツラフ・キュンティア」、「テレザ・ヘンリーク」がおり、それ以外にも主人公を都へと連れてきた「ダナ」、主人公の前に現れた巫女少女の「朱鷺」(とき)、主人公の世話係の「ノエル」、主人公と同乗して都へとやってきた「ミューラ」、「エレナ」、都でカジノのオーナー兼ディーラーの「アデラ」、シンシアの母の「オルガ」、シスターの「ワイダ」の10人がいます。
…さすがゲーム原作なだけがあって、数が多いですね(汗)

シンシアは、子供の様に純粋な白の姫です。
見た目は少女ですが、実際は300年とかなりの年数を生きている現在の天女の巫女でもあります。
主人公を何故かお兄様と呼び、慕ってきます。
KYRIE~BLOOD ROYAL3~

テレザは、黒髪に碧い瞳をした青の姫です。
汚れを知らずに育ったために、気高く誇り高いまっすぐな性格をしています。
KYRIE~BLOOD ROYAL3~

ダナは、主人公を天女の都に案内した少女です。
都で行なわれる「大祭」に関わる存在でもあります。
幼い容姿ながら、年相応以上の大人びた態度を見せます。
KYRIE~BLOOD ROYAL3~

朱鷺は、何故か巫女の格好をしている少女です。
主人公の前に度々現れます。
KYRIE~BLOOD ROYAL3~

ノエルは、主人公の世話係として軍から派遣されています。
とは言え、それ程役に立っているかは微妙なところも(汗)
おっとり間延びした喋り方が特徴であり、卵料理ばかり作るという困った面も。

ミューラは、主人公と同じ馬車に同乗していた少女です。
貴族の血を引いている様ですが、決して裕福ではなく、都へとやってきた経緯があります。
性格は結構テンションが高めなところがあります。

エレナもミューラと同じで一緒の馬車に乗っていた少女です。
貧乏な孤児であり、願いを叶えてもらうために都へとやってきました。
主人公の事を英雄の様に思っている節があります。

アデラは、都でカジノのオーナー兼ディラーをしています。
飄々とした態度を取るところがあります。

オルガは、シンシアの母親で世界を支配する黒の女王です。
不老不死の存在でもあります。
冷酷な態度も見せますが、娘であるシンシアには母親らしい顔を見せる事も。

ワイダは、信仰心の厚いシスターです。
いつも微笑みを絶やしませんが、時折見せる振る舞いは人間離れしている時も…。


展開的には、主人公はふたりの姫を犯す儀式の代行者として、シンシアとテレザを抱く事になる流れです。
ですが、これだと彼女たちも自身の役目を理解しているために陵辱にはならないはずなのですが、ここで登場するのが「代行者」の存在です。
どういう事かと言うと、代行者は主人公であって、主人公ではないんですね。

主人公の意識の中に、別の代行者の意識が宿り、行為の最中のみ主人公の意思ではなく、代行者の意思で身体が動くようになり、彼女たちを好き勝手に犯す訳です。
その間、主人公はそれをただ見せられているという状態になります(汗)
なので、ここで陵辱感が出てくる訳ですね。

でも、個人的にはこれだと第三者の行為を見るだけだから、あまり好みな展開ではないんですよね(汗)
この代行者、女に飢えているのか、それ以外のヒロインたちとのHシーンでも主人公がそんな気分でないと表に現れて陵辱するという奴なので困った存在です(汗)
そのせいで、主人公自身の意思での行為が殆どないのが今作の特徴ですね。
個人的には、そのせいで正直あまり楽しめなかったなぁ…。
一応、主人公の意思でHするヒロインもいますが、何故かメインヒロインではないという有様です(汗)
てっきり、終盤はどちらかのヒロインとは、主人公の意思でHな展開になるのかと思ってたんですけどねぇ…。

ストーリーも2人の姫である、シンシアとテレザの両者を陵辱を繰り返す流れなんですが、今作ではそれほど両者の印象が薄い様な…。
勿論、ストーリーに絡んでいる重要な存在なんですが、思ってたよりは出番が少なかったですね。
これには、他のヒロインたちのエピソードが入っているために出番が少なく、印象が薄まった感がありますね。
その分、各ヒロインのHシーンが増えるのはいいのですが、殆ど代行者絡みになるのが残念(汗)

シンシアが序盤は比較的存在感がありましたが、終盤には多少テレザが盛り返すかな?
私はテレザの方が好みなので嬉しかったけど、それでもあっさりしてたかな(汗)
ここで彼女たちとの仲が深まるとかするのかと思ってたんですけど、そういう展開がなかったので、最終的にはメインヒロインはいない感じに落ち着いていきますね。

終盤では、主人公の失われた記憶の事から、全ての謎が明らかになっていく展開には謎が解けていく小気味いい爽快感があって、テンポがあって良かったですね。
しかし、ここまで来るとほぼ全キャラが重要な存在だと分かりますねぇ。
大概、主人公の背後に立つキャラは只者ではないです、見分け方としては(汗)
まぁ、中には話に絡まない薄いキャラもいますけどね(汗)

挿絵は原作同様に「あきら」さんが手がけています。
てっきり読む前は、原作版の画像を使っているのかなと思ってましたが、どうも違う様で。
何だろ?何種類かそれぞれ挿絵の作りが違っているんですよね、今作は。

おそらく原作の原画にマーカーかで着色したらしき物や鉛筆線のままの物、CGで描かれたと思わしき物と統一されてないんですね(汗)
まぁ、それぞれに魅力があるので、私は特に不満はなかったですけどね。

KYRIE~BLOOD ROYAL3~ KYRIE~BLOOD ROYAL3~


全体的には、ストーリー性が強い作品でしたね。
Hシーン的には代行者が殆どという事もあり、個人的な評価としては微妙ではありましたね(汗)
単純に陵辱物としてみても、それ程エグくない+回数が少なめなのでこれまた微妙な事に…。
各ヒロインとも大体1回程度しかしていないために、あまり内容が深くないのがなぁ。
話の展開は、結構謎があって気になるだけに、ちょっと勿体無い印象ですね。

後、この作品はボリュームがある作品なせいか、今作の文字が小さいんです。
なので、読んでてかなり詰め込んでいる印象ですね。
「G-type NOVELS」が全部そういう訳ではないようで、他の手持ちの作品を確認したんですが、今作ほど文字は小さくはなかったです。
やはり、今作のボリュームが多いために1冊に収める様にしたんですかね?
ヒロインも多いし、設定が多い作品だからそうなったんでしょうねぇ。


楽天は売り切れです(汗)

原作PC版
KYRIE(キリエ)~BLOOD ROYAL3~ DVD版
ちぇりーそふと
売り上げランキング: 8148

*中古のみです。

DMM 原作PC版ダウンロードはこちらからどうぞ
KYRIE~BLOOD ROYAL3~

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪
関連記事
 カテゴリ
 タグ

えすかれ美少女文庫 ツンマゾ!!!! レビュー

えすかれ美少女文庫 ツンマゾ!!!! 姉妹でドレイ志願


いつも暴力ばかりの幼なじみ・麗理と毒舌ロリッ娘・愛理。まさか隣の水戸姉妹がツンマゾだったなんて!ボテ腹になっても姉妹ゲンカは終わらない。

11月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、早速レビューです。

人気ツンマゾシリーズも今回で早4作目ですねぇ。
今作も安定したツンマゾ具合です(汗)

主人公はいきなり冒頭から監禁されてしまうところから始まります、自分の家なのに(汗)
事の始まりは、幼なじみの「麗理」(れいり)との距離がハプニングによって、グッと近づいた事にあります。
そして、何となく甘い雰囲気で初体験をする事になります。
これだけだと、普通のラブラブものなんですが、麗理はツンマゾの素質を開花させてしまい、主人公に対し、調教監禁を求めて主人公を閉じ込めるという行動を起こします(汗)
更に麗理の妹である「愛理」(あいり)も加わってしまい、ふたりからSなご主人様を求められてしまうという流れです(汗)

…相変わらず、このシリーズはぶっ飛んでますねぇ(汗)

ヒロインは、上記のふたりです。

麗理は、主人公の幼なじみです。
典型的な口よりも手が出るという普通ならツンデレ系とされるキャラクターですね。
まぁ、これはツン「マゾ」ですから…(汗)
そんな彼女は、いつも事あるごとに主人公に手をあげてしまっていた事を心の中では申し訳ないと思っていましたが、それが結果的に今までの分をやり返して欲しいみたいな思考に落ち着くのはどうなんだろ(汗)

愛理は、麗理の妹です。
こちらは麗理とは逆で口が先なタイプのキャラクターで、身体能力は皆無に近いです。
彼女は変貌した姉の様子を見てしまい、それをきっかけにツンマゾへの道を歩み始めることに…。
飴を舐めるのが好きで…、その後はアレを舐める事になる訳ですね(汗)

展開的には、各ヒロインとのツンマゾになっていくきっかけなどがあり、そこからふたり同時に相手をする事になっていくという流れですね。
やはり主人公は基本H以外ではそんなに鬼畜でも何でもない普通な訳ですが、そこをふたりがうまく煽ったりする事で主人公にお仕置きをされるという状況を持っていかせようとする姿はある意味すがすがしいですねぇ。

行なわれるプレイも、当然調教色の強いものとなっていきます。
個人的にはフェラのシーンが多かった愛理がお気に入りですね。
姉の麗理は、結構あっさりとマゾを受け入れていたのに対し、愛理は普段からの毒舌もあり、しばらくはそれを受け入れなかったのも大きいかなと思います。
その分、余計姉よりも調教色があったのではないかなと。
それに飴を舐めるのが好きだったり、フェラで口内射精されて悶々とし出したりと、昨日レビューした「妹ぺろぺろ」に近いものを感じました(汗)
あれも主人公が結果Sだったし、イラマチオやったり、口マ*コ呼ばわりなど、近いものが…。

終盤は、またも監禁されて行為の写真を更に加工したものを大量に作り、ネットで公表しようと画策したりと姉妹の暴走は止まりません(汗)
更にダメ押しで、主人公の大好物のプリンに精液を垂らし…、混ぜあわせるという暴挙をあえて起こし、主人公の怒りに火をつけ、過激なお仕置きをねだるという有様です。
実際、その後は願った通り怒れる主人公に縄で吊り上げられて、ローター&バイブを突っ込まれて放置されてしまうというご褒美をもらう訳ですが(汗)

プリンのシーンは、映像だったら正直エグイ事になっているでしょうねぇ(汗)
私はそんなAVでも食べ物に精液かけて食するシーンとかはさほど興味ないですのでアレですが…。

今までのシリーズのキャラクターなども、若干ですが名前や台詞など登場したりするのも、シリーズを見続けている人にはニヤリとしますね。
でも、今作って時間的には最新ではない…ですよね?
前作よりちょっと前の様な?

相変わらず濃い内容なのは確かなんですが、何となくこれでも大人しくなったというか…、手堅くなったかなという印象でしたね。
まぁ、このシリーズも4作目ですから、多少のインパクトはやはり薄れていくのも仕方ない所ではありますね。
ストーリーの盛り上がり的には、前作を4作目にして、今作は3作目の方が良かったんじゃないかなとも思いましたが…。

…冷静に考えるとこの作品で大人しいって感想はまずいんじゃないかと思いましたけど(大汗)

でも、個人的にはそろそろ他の展開になってもいいんじゃないかなぁとは思いますね。
他の別作品も見たいし。

挿絵はシリーズ引き続いての「あきら」さんですので、問題ないですね。
もうこのシリーズはこの人なしでは成り立たないでしょう(汗)
個人的にはカラーの表紙絵より、中のモノクロの挿絵の方が好みでした♪

楽天はこちらからどうぞ
ツンマゾ!!!!姉妹でドレイ志願

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
ツンマゾ!!!! 姉妹でドレイ志願

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事

二次元ゲームノベルズ ノストラダムスに聞いてみろ レビュー

二次元ゲームノベルズ ノストラダムスに聞いてみろ 秋葉穂ノ香の約束

ノストラダムスに聞いてみろ♪ 秋葉穂ノ香の約束 (二次元ゲームノベルズ 27)
神楽陽子
キルタイムコミュニケーション
売り上げランキング: 442830
おすすめ度の平均: 2.0
2 正直、本編より好きな絵柄

自らを予言書と名乗る少女との同居生活をきっかけに、ドタバタな日々を送る筑波那岐。そんなある日、慌ただしい生活を招いた張本人・ノストラダムスの策略により、義妹の秋葉穂ノ香とデートする約束をしてしまう。普段は兄にきつく当たるものの、心の内はブラコンである妹はデート=恋人と思い込み、舞い上がる。穂ノ香の勢いに押され、恋人らしくラブラブに過ごす那岐だったが、ある理由から一歩踏み込めないでいた。そんな兄の気持ちとは裏腹に交際は順調に進み、遂には穂ノ香が家に押し掛け、妹との同棲生活が始まるが…。笑いと苦労と悲鳴が絶えない学園生活を舞台にした、しっかり者のブラコン妹・穂ノ香とのオリジナルエピソード集が登場。

PCゲーム版が原作のノベライズ作品です。
でも、この作品は原作をそのままではないようで、オリジナルのエピソードが入っているようです。
私は原作版未プレイなので、どう違うのかは分かりませんが(汗)

二次元系のゲームノベライズ版では表紙絵はオリジナル版の原画家さんが担当してても、中の挿絵は別の人が担当していて、原作版とは違う事が多いんですが、今作は表紙絵も挿絵も同じ「あきら」さんが担当しているので、そこでの違和感はないのは大きいですね。
それに原作版のCGよりモノクロ画の方が馴染みやすいと個人的には感じます(汗)

内容は、主人公は義理の妹の「穂ノ香」(ほのか)や友人、謎の自称「ノストラダムス」に囲まれ、騒々しくも賑やかな生活を送っています。
そんな中、主人公はノストラダムスにはめられ、穂ノ香とのデートをする事になっていまいます。
今まで妹として見ていた主人公ですが、デートに浮かれる穂ノ香の姿に何だかいい雰囲気に・・・なっていくという展開です。

このタイトルにもある、ノストラダムスに関する説明はかなりさらっとされており、原作を知らない自分は「こんなキャラなの?」(汗)って感じでしたが、あくまでもこの作品は穂ノ香を軸になっているせいか、ほとんどただの奇人扱いなキャラクターになってますね(汗)

穂ノ香は、主人公に何かと口うるさい所がありますが、それ以上に主人公を気にしている感がアリアリと伝わってくるので、うっとうしいよりも可愛らしさが先に来るキャラクターですね♪
ややツンデレ+ブラコンって感じでしょうか。
妹好きな人には気に入るのではないかなぁ、このキャラクターは。

他のキャラクターは、さすがPCゲームなだけあって、女性陣だけでも8人とかなりのキャラ数がいますが、さすがそれぞれのキャラクターが立っているので会話などは味がありますね。
ですが残念ながら、Hは穂ノ香だけなのでそこは注意ですね。

メインヒロインは穂ノ香だけなので、濃い展開が多くありますが、兄妹という事もあってか、挿入というのは終盤までお預けです。
その分、フェラやパイズリなどの行為はしっかりあるので、そんなに物足りなさは感じないとは思います。
初体験より先にアナルセックスを覚えるのはどうなのかとは思いますが(汗)

話は、主人公と義妹の穂ノ香とのストーリーなだけあって、ふたりを取り巻く家庭環境などにも関係しているシナリオがメインですね。
でも、その割にはお互い軽くHな雰囲気になっていった感がありましたけどね(汗)
なので、そんなに兄妹というのはあまり気にしないのかなと思ってたんですが、そうでもなかったりとちょっと態度が一貫していないのかなと思うところも・・・。

タイトルを見た時はどんな話かと思ってましたが、タイトルのインパクトほどのものはなかったかなという印象ですね。
中身はかなり普通の学園ものって感じで、キャラクターの掛け合いのテンポはいい感じです。
ノストラダムスの要素は今作ではあまりなかったのかなとは思いますね、原作はどうなのかは分かりませんが(汗)
少なくても予言だのは関係ない感じですね。

挿絵は原作版でも同じの「あきら」さんが担当しているので、そこは問題なしです♪
モノクロだとコミックのような描き方で描線が濃い目なところがいいですねぇ。
個人的にはスク水を着用してのHシーンが印象的です♪

読みやすく、掛け合いなどは楽しめただけに、ストーリー展開がちょっと惜しい作品かなという印象ですが、安定感はそれなりにあるので全体としてはそこまで悪くはないんですけどね。

楽天はこちらからどうぞ
ノストラダムスに聞いてみろ

原作PC版
ノストラダムスに聞いてみろ♪ -StandardEdition-
Lime (2008-03-28)
おすすめ度の平均: 3.0
3 内容自体は良いです。ただ…


ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事

えすかれ美少女文庫 ツンマゾ!!! M姫様の戴冠 レビュー

えすかれ美少女文庫 ツンマゾ!!! M姫様の戴冠

ツンマゾ!!! M姫様の戴冠 (美少女文庫えすかれ)
葉原 鉄
フランス書院
おすすめ度の平均: 5.0
5 国の運命をかけて

わたしを次期王女・ミナミと知っての誘拐ですか!初恋の人からレイプだなんて最高すぎ。最凶のツンマゾ姫を女王にするため、仕組まれた拉致監禁!ギロチンよりも素敵な調教で姫のドM魂を大更正!ハメ撮り脅迫。ぶっかけ戴冠式。首枷&孕ませで、姫は終身ラブ奴隷。


6月発売の美少女文庫の新刊です。
読み終わったので、早速レビューです。

ご存知、人気シリーズ「ツンマゾ」の第3作品目となる最新刊です。
個人的には、このシリーズの集大成的な作品と言えますね。

主人公はあるお金持ちのお嬢様の家庭教師をしており、その時に愛の鞭として少女を叩いてしまった事が主人公と彼女の運命を変えることに…。
その数年後の主人公は、その件が原因で人生を転落していく事となり、原因となった少女「ミナミ」に対し、復讐心を持っており、協力者の強力を得て、彼女の誘拐に成功します。
しかし、ミナミは「ツンマゾ」な思考をしており、主人公の行為を嬉々として受け入れてしまうという展開です(汗)

今作もヒロインはひとりですが、濃厚なプレイ満載なので物足りないなんてバチが当たります(汗)
ミナミは、主人公はどこかのお嬢様程度と思ってましたが、実際は東欧の一国にある、フィニシア国の第一王位継承者という存在です。
そんなキャラクターがこんな性格してたら…(汗)
今までのシリーズのヒロイン同様、マゾ要素が満載なので、この誘拐、復讐などご褒美ステージに見えるのでしょう(汗)

更に手を出された過去が、彼女にこの喜びを結果として教えてくれた訳で主人公に好意を持っているのだからノリノリです。
むしろ主人公に罵詈雑言を浴びせて、挑発する有様(汗)

そのせいで、何とも言えないやり取りになるんですよねぇ。
ここがこの作品らしさが存分に出ていますね。
序盤の主人公の悲壮な決意などが消えうせちゃいます(汗)

その代わり、主人公にも復讐心とはまた違う心情が芽生えていく事になります。
このシリーズは主人公の存在も重要なだけに、他作品よりもキャラクターが立っていないと成り立ちませんからねぇ。

理由がシリアスな始まりだったんですが、作風は鬱さはないと思います。
むしろプレイなどが濃すぎるために、そっち方面で受け付けない人がいるのではないかなと(汗)
終盤の展開は個人的にはちょっと置いてきぼりな所も(汗)

そしてこの作品がシリーズ集大成的な作品だというのは、話のスケールもそうですが、何と言っても過去シリーズ作品のキャラクターらが登場していることでしょう。

しかもちょっと顔見せ程度ではなく、結構本筋に絡んでいるのは驚きました。
そして、そんなキャラクターの繋がりも明らかになったりとシリーズのファンには注目する点が多いです。
まぁ、今作から入った人にはピンと来ないでしょうから、そこまで関心はないでしょうけども(汗)

ここまで世界観も大きくなってしまうと、今後どうするんでしょうねぇ(汗)
まだ明らかになっていない事も色々あるので、続きそうではあるんですが、個人的には下手にマンネリ化する前にきっぱり締めてもいいのではないかと思うんですけどね。

挿絵はこれもシリーズお馴染みの「あきら」さんが担当で、問題はなく入り込めるでしょう。
この作品のヒロインの表情はこの人ではないともう活きないのではないかなぁ(汗)
この作品くらいではないでしょうか、ヒロインの表情が皆ハの字なのは(汗)

Hシーンに関しては書かなくていいでしょう、察してください(汗)
シリーズのファンには文句なくおすすめです♪

楽天はこちらからどうぞ
ツンマゾ!!!M姫様の戴冠

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
ツンマゾ!!! M姫様の戴冠

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事

えすかれ美少女文庫 ツンマゾ!! 武闘派生徒会長だってM レビュー

えすかれ美少女文庫 ツンマゾ!! 武闘派生徒会長だってM

ツンマゾ!! 武闘派生徒会長だってM (美少女文庫えすかれ)
葉原 鉄
フランス書院
売り上げランキング: 234

はっきり言っておくぞ!(ツンツン)不良も恐れる憲兵生徒会長・羽黒ユウが、初体験から失神絶頂を極めたぐらいで、M奴隷になると思ったら、大間違いだ!(キリッ)フェラをしながら、もぉ幸せぇだなんて感じていない!(メロメロ)今日は危険日、ナカ出しは許さないぞ!(マゾマゾおねだり)。

えすかれレーベル作品らしくぶっ飛んだ作品となっています(汗)
このタイトルで以前も発売されており、シリーズ化したんでしょうかね?

前作「えすかれ美少女文庫 ツンマゾ! ツンなお嬢様は、実はM レビュー」はこちらからどうぞ

昨日レビューした「どれちょ!」とはまたテイストが違い、内容の濃さで言うとこちらが上かな。
どれちょ!がアナル寄りなプレイだとすれば、今作は精液、ザーメンものがメインなプレイとなるのでしょうか(汗)
かなりねちっこい描写が多いので、苦手な人は受け付けない作風かもしれません…。

まぁ、前述のどれちょ!は複数ヒロインでしたが、今作はヒロインは生徒会長「ユウ」のみという事もあり、回数、濃さは上回ってますね。
…あれ? どれちょ!もこの作品もえすかれレーベルで更にヒロインが生徒会長なんですね(汗)
使いやすいんでしょうかねぇ…、生徒会は。

内容はお堅い生徒会長(剣あり)が主人公にMドレイにされるという話?(汗)
ざっくり説明だとこんな感じでしょうか。
ちょっと複雑なんですよね、この作品のキャラクターは。

主人公はよくあるお人よしな人畜無害なタイプと思いきや…、そういう態度を取っているというキャラクターは新鮮でした。
どこまで素なのか…、相手に合わせる所があるから結果的にユウと絡むと今作ではSなキャラが際立ったって事なんでしょうか?
イマイチよくキャラが掴めてません(汗)

今作では中々のドSぷりを見せています。

性格だけではなく、肉棒がかなりのやんちゃぶりで常に先走り液が出っ放しで股間にナプキンをくくりつけているというぶっ飛んだ設定はどうなのか(汗)
そんな有様なので精液の量、濃さはすごい訳です。

そんな主人公はユウの関係者と思わしき謎のキャラ「キラリン」の助言を受け、ユウがレイプ願望があると悟り、レイプしちゃうのはどうなんだ(汗)
それから主人公に呼び出されてはトイレでフェラを命じられ、口内発射させられたりと濃い展開になっていきます。

主人公は彼女が喜ぶようなきつめの台詞などを言ってきます。
「メス豚」を始め、雑巾呼ばわりでこぼれた精液を顔面で拭わせようとしたり、ボンレスハム(骨抜き)にして、肉奴隷にしたいと語ったりとかなりのSっぷり。

ここら辺で興奮するかは人次第なんでしょうが、私はそんなに興奮はしなかったですねぇ(汗)
個人的にザーメンものは好みなシチュエーションなんですが、見せ方は好みとは違うので…。

前作となる「ツンマゾ!」では、Mなヒロインにノーマルな恋愛を求める主人公が結果としてSな立場となる作品でしたが、この作品ではMに対してSで応えるため際限なくエスカレートしていく事になります。

これでは読み手が置いてきぼりになる事も…。
内容が変態ちっくなだけに、どこか一息つける要素があれば読みやすかったかなとは思いました。

謎のキャラ「キラリン」など正体が不明なままなのも気になります。
挿絵まであるのに…。

後のシリーズ化も考えての事なんでしょうか。
どうやら、前作とも世界観がつながっているようでそれらしき描写があったりしますが、個人的にはまだ前作の方が合うかな(汗)

このMにはSを! みたいなノリにどれだけ感情移入できるかが鍵でしょうか。
挿絵は前作同様「あきら」さんが担当し、安定感のある描写です♪
決して万人向きではないですが、好きな人はたまらないのでしょうねぇ(汗)

ちなみに前作のは「ツンマゾ!」の!が1つに対して、今作は!!で2つに…。
なら次回作は!!!に?(汗)

楽天はこちらからどうぞ
ツンマゾ!!武闘派生徒会長だってM

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
ツンマゾ!! 武闘派生徒会長だってM

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事

美少女文庫 姫宮三姉妹が看護してあげる  レビュー

美少女文庫 姫宮三姉妹が看護してあげる

姫宮三姉妹が看護してあげる
姫宮三姉妹が看護してあげる
価格 700円 税込 レビュー( 0件 )

同級生の深雪、看護婦の朱美さん、天才女医・聖美姉さん―入院生活で待っていたのは、三姉妹のご奉仕競争。強精実験でセクシー女医に連続射精!発情媚薬で白衣の美天使を幸せ絶頂!今夜の看護はWフェラチオ?Wパイズリ?お尻を並べてみんなと××?どんな願いも三姉妹が叶えてくれる。

タイトルから分かるように病院を舞台にした作品ですが、微妙な作品ですね(汗)
とんでもない理由により入院する事になった主人公ですが、そこは元凶となった幼馴染の姉たちが勤務している病院だった事から姉妹を巻き込んだ展開になっていきます。

長女は主人公を薬の実験につき合わせており、その結果、Hな展開になってしまいます。
ここが気になりますねぇ・・・。
別記事でも書いたような気がしますが、薬の効果による強制的にHに持っていくのは安易な展開だと思います。
これを使えば、気持ちがなくてもどうにでもなりますしね。

Hの回数やバリエーション自体はかなりのものですが、中には3姉妹以外のナースが出てくる場面もありますが、これは意味あったのかなぁ・・・。
一部だけだったので(汗)

イラストはあきらさんが担当されていることもあり、レベルは高いのですが、シナリオが・・・(汗)
本命だと思っていた幼馴染とも、何かはっきりしないまま展開されていくので、もやっとします。
基本的に流されっぱなしな主人公です(汗)

H目的ならアリかなぁ・・・。
個人的には第一印象とは違った内容でした(泣)

アマゾンはこちらからどうぞ
姫宮三姉妹が看護してあげる (美少女文庫)

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
姫宮三姉妹が看護してあげる
関連記事

美少女文庫 戦国・恋姫 レビュー

美少女文庫 戦国・恋姫 レビュー

戦国恋姫 (美少女文庫)
七海 ユウリ
フランス書院
売り上げランキング: 192644
おすすめ度の平均: 4.0
5 となプリ→騎士プリ→武者プリ?
3 500年前から時間移動してきた戦姫と恋仲に

妖狐・玉藻を追って戦国時代からタイムスリップしてきた鎧のお姫様・小田峰壬琴。いきなり斬りかかられ(!)最悪の出逢いだったけど…真面目で凛々しい壬琴に心はどんどん惹かれていく!キスからはじまった初夜の儀式。セーラー服姿のお姫様にイタズラデート。突き入れるたび、乱れてエッチに変わる強気なお姫様。「…私はお前の嫁なんだからな!」絶頂を極めて告白する壬琴が可愛くて…。玉藻の淫らな妖術を乗り越え、二人の恋は強くなる!たとえ、その先に壬琴が戦国時代に帰る日が待っているとしても…。

恋姫っていうと別なものを連想してしまいますが(汗)
内容はタイムスリップしてきたお姫様が主人公の前に現れたというベタな展開です。
一緒に妖狐・玉藻も現世に現れ、大騒ぎに。

妖狐・玉藻とヒロインのお姫様・壬琴は敵対していますが、玉藻の言葉使いが京都弁?な事もあってあまり悪いやつぽくないんですよねぇ。
自由なキャラクターって感じでしょうか。
でも時折、影を感じる描写もあり、ただ陽気なキャラではないのは好感が持てます。

壬琴はお姫様ということもあり、ツンデレなキャラクターです。
まぁ、気の強いのは定番ですからね、こういう戦国ものでは。
心を許せば、恋愛にのめり込むタイプです。
途中、玉藻の存在もあって気まずい時期もありますが。

玉藻ともHはありますが、あくまでも引き立て役な感じですね。
ヒロインの壬琴とは違う大人な魅力のHは魅力的ではありますね。

玉藻を追って、学校に壬琴が制服+帯刀のいでたちで登校したりと、お約束な展開もありと王道な作品かなという印象です。
挿絵のあきらさんの絵も雰囲気が合っていると思うので、嫌いでなければ楽しめるのではないかなと思います。

楽天はこちらからどうぞ
戦国・恋姫
価格 680円 税込 レビュー( 1件 )

DMM 電子書籍版はこちらからどうぞ
戦国恋姫
関連記事

えすかれ美少女文庫 ツンマゾ! ツンなお嬢様は、実はM レビュー

えすかれ美少女文庫 ツンマゾ! ツンなお嬢様は、実はM

ツンマゾ!―ツンなお嬢様は、実はM (えすかれ美少女文庫)
葉原 鉄
フランス書院
売り上げランキング: 7566
おすすめ度の平均: 4.5
5 無茶苦茶な話のくせにラブコメ?
5 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
3 Sは暴力も肯定する?
5 ドMなお嬢様に無理やり「ご主人様」に選ばれてたっぷり調教することを強要されるお話

私の秘密を知ったからにはわかってるんでしょ!(ツンツン)ほら、首輪をつけて奴隷にしなさい!憧れのお嬢様を調教できるなんて最高でしょ!ああ、どんな命令をされるの?(ドキドキ)え、普通にデートがしたい?ちょ、調子にのらないでよ!(赤面)アナタはただのご主人様なんだから。

新たなジャンルの登場(汗)
もう何でもありですねぇ・・。

純愛を望む主人公と望まないヒロインの対比がいい味を出してます。
台詞回しがちょっとクセがあるように感じましたが、まぁ許容範囲かと。
レイプを強要したりと、Mなヒロイン像は初では・・?

根底には愛があるので、まぁこの手のが苦手な人も読みやすいと思います。
でも、Hは濃いです。

当時、同時期に他作品を読んだんですが、ヒロインの姿がかなり特徴が似ていたのが印象に残ってます。
やはりこの手のキャラは金髪、ツインテールなのは基本なんでしょうか・・。

楽天はこちらからどうぞ
ツンマゾ!

DMM 電子書籍版ダウンロードはこちらからどうぞ
ツンマゾ!ツンなお嬢様は、実はM

ブログランキング参加中です。
よろしければ応援お願いします♪

関連記事

美少女文庫 テニス部プリンセス  わがままな恋ドレイ レビュー

美少女文庫 テニス部プリンセス  わがままな恋ドレイ

テニス部プリンセス―わがままな恋ドレイ (美少女文庫)
わかつき ひかる あきら
フランス書院
売り上げランキング: 151434
おすすめ度の平均: 4.0
4 テニプリというよりは
4 要するに「テニスの王女様」?


今夜はキミがご主人様なんだからね。テニスウエアに包まれた巨乳を揺らし、お嬢様が捧げてくれる、騎乗位奉仕!昼間は下僕としてイジメられているけれど、今夜の薔子様は僕が好きにしていいドレイなんだ!この胸でパイズリされたい!甘い唇を味わいたい!これからずっと薔子様を支配したい。

・・・今、気づいたんですが○○プリンセスって作品多いんですねぇ(汗)
こうして、まとめているまで気づきもしませんでした・・。

んで、作者さんも わかつきひかるさん、イラストはあきらさんとおなじみの組合わせです。

そして、完璧な能力のヒロインをいつの間にかご主人様のドレイ化してしまい、立場逆転となる流れはいつも通りです。

意外にテニスをストーリ?に絡めているのは好感が持てますね。
中には、?がなくても成立するような設定作品も世にはありますからねぇ・・・。

DMM 電子書籍版はこちらからどうぞ
美少女文庫 テニス部プリンセス  わがままな恋ドレイ
関連記事

美少女文庫 銀盤プリンセス  生意気なMドレイ レビュー

美少女文庫 銀盤プリンセス  生意気なMドレイ

銀盤プリンセス―生意気なMドレイ (美少女文庫)
わかつき ひかる あきら
フランス書院
おすすめ度の平均: 3.5
2 好みが分かれる作者
5 純愛調教?

「私が上になるわ、じっとしててね?」処女なのに、恥ずかしがりながらも、怖がりながらも、学園のプリンセス・理沙先輩が僕のペニスにまたがろうとしてくれる!「痛い…雅人クン、やっぱりダメ!」プライドの高い氷の女王が…演技中の理沙を思えば、もう欲望はとめられない。「理沙さん、もっと必死に腰を動かして!」何度も突きあげ、雪肌の乳房を押しつぶし、女王の身体に精を注ぎこむ、最高の満足感。「雅人クン、理沙はもうあなたの…」愛しそうに身をすり寄せ、額にキスしてくる理沙さんは、もう僕だけのものなんだ。

生意気なのにMドレイとはどっちなんだって感じですが、こういうキャラ多いですよねぇ

この作者の「わかつきひかる」さんの作品は数多く、内容は必ずS・Mの顔を出します。

まぁ、ドン引きするほどの強烈な責めなどはないのでそこはあくまでライトです。

その手が苦手な人は注意ですが、まぁジャンル分けするほど強烈でもないし、それを期待するとあっさりしている気も・・・。

イラストは元ちぇりーそふとの人気原画家の「あきら」さんが担当してます。


DMM 電子書籍版はこちらからどうぞ
銀盤プリンセス 生意気なMドレイ
関連記事
Copyright © 美少女文庫 レビューブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます